片付けを習慣化する「たった3つのコツ」【完全版】

暮らし

片付けを習慣化する「たった3つのコツ」【完全版】

2020-05-08

 

・片づけたのにもう散らかってる...!

・毎回片付けに時間かかってしんどい

・すっきりした部屋で気持ちよく過ごしたい

 

こんな悩みにお答えします。

 

実際に、私は「片付けられない」&「捨てられない」女でしたが、片付けの本を読み実践を繰り返していくうちに片付けのコツがつかめました。

そこでこの記事では、片付けを習慣化する「たった3つのコツ」をお伝えします。

この記事を参考にすれば、片付けられない原因と対策がわかり、これまでよりラクに片付けられるようになりますよ。

 

この記事でわかること

・片付けられない原因とは?

・片付けを習慣化する3つのコツ

 

片付けられない原因とは?

片付けたはずなのにいつの間にか散らかっている...

それには原因があります。

そして、原因がわかれば対処もできるので安心してくださいね。

多くの場合がこちら。

片付けられない原因

  • ものが多すぎる
  • ものに住所がない
  • 床に置いてしまう

これは、片付けられない人の特徴でもあります。

 

ぽんちゃ
以前の私がまさにこれ。
でもできるようになるよ。

 

詳しく説明しますね。

 

片付けられない原因1. ものが多すぎる

片付けられないのは、収納スペースに対してものが多すぎるから。

無意識に生活しているとものは増えていくので、自分が管理できる量を超えていないか確認しましょう。

また、スペースがあると埋めたくなるのが人間の心理です。

ですが、ギュウギュウにものが詰まっていると出し入れしにくく、新しいものが溢れてしまいます。

2割程度のゆとりを残した収納を目指しましょう。

 

片付けられない原因2. ものに住所がない

使った後に元の場所に戻していますか?

ものの定位置が決まっていないと散らかりやすくなります。

「あれ、どこ置いたっけ?」と探しているうちに、片付ける時間がなくなることも。

一つひとつのものに「あなたの居場所はココ」というイメージで住所を与えてあげると、改めて片付ける必要もなくなりますよ。

 

片付けられない原因3. 床に置いてしまう

床やテーブルにとりあえずものを置いてしまうクセがある人は要注意。

一度「とりあえず」を許してしまうと、どんどん散らかりやすくなります。

また、特に床にものがあると退かさないと掃除ができない、退かすのが面倒だから掃除もする気にならない。

というように良くないサイクルに陥ります。

逆に、床にものがなければ掃除もラク

 

ぽんちゃ
お掃除ロボットのブラーバもスイスイ〜だよ。

 

片付けを習慣化する たった3つのコツ

私たちが考えている以上に、「片付け」はパワーが必要で疲れる行為です。

私もコツが身につくまでには何年もかかり、何度も何度も失敗してきました。

でも、きちんと原因と向き合えば対処できます。

先ほどの原因を踏まえて、片付けを習慣化する3つのコツをお伝えします。

 

片付けを習慣化するコツ

  1. 不要なものを増やさない
  2. 定位置を決めて戻す
  3. 自分の聖域をつくる

詳しく説明します。

 

【片付けを習慣化するコツ 1】不要なものを増やさない

まず、不要なものを家に持ち込まないことです。

無料でもらえるものや、なくてもいいものを増やさないように注意しましょう。

また、手放すかどうかは「使っている・使っていない」で判断すること。

収納スペースにも家賃は発生しています。

364日も家で眠っているものを所有する必要があるのか考えましょう。

例えば、年に1回くらいしか着ることのない結婚式出席用ドレスなどはCariru(カリル)などでレンタルもできますよ。

 

【片付けを習慣化するコツ 2】定位置を決めて戻す

ものを使ったら毎回同じ場所に戻すようにしましょう。

「ものを家に帰してあげる」イメージです。

また、同じジャンルのものはまとめておくと迷子になりません。

ポイントは、使う頻度と生活導線です。

例えば、私は掃除用具を冷蔵庫横のボックスにまとめていますが、部屋、キッチン、お風呂、トイレのちょうど中央の位置です。

ここにあればどこを掃除するにも少ないアクションで動けます。

よく使うものは取りやすい位置に。

 

【片付けを習慣化するコツ 3】自分の聖域をつくる

1日の終わりにはテーブルや床を「リセット」しましょう。

前日のゴミや住所にもどっていないものが残っていると、翌朝にいいスタートがきれません。

自分の聖域をつくるイメージで「ここだけは」と場所を決めて整えておくと気分がいいですよ。

ポイントは、小さく狭い場所からやることです。

例えば、お財布の中、バッグの中をリセットすることから始めてみましょう。

 

片付けを習慣化して明日の自分をラクにしてあげよう(まとめ)

片付けられない原因と、片付けを習慣化する「たった3つのコツ」を紹介しました。

片付けを習慣化するコツ

  1. 不要なものを増やさない
  2. 定位置を決めて戻す
  3. 自分の聖域をつくる

この3つのコツをつかめば片付けが習慣化します。

片付けが習慣化されると「未来」に目がいくようになります。

しんどいけど、今やっておけば明日イヤな気分にならなくて済む。

ぜひ、「明日の自分をラクにしてあげよう」という気持ちで片付けてみてくださいね。

 

ぽんちゃ
場所別の片付け方法やものを手放すコツはまた紹介するね。

 

人気記事【必見】身軽に生きたい人へ贈るミニマリスト映画 3選

人気記事【宅配買取おすすめ5選】着ない服を売ってクローゼットすっきり!

 

ミニマル記事一覧

 

ブログの更新情報はInstagramでお知らせしてます
>> @poncha_lism

 

 

 

-暮らし

Copyright© わくせんラボ , 2020 All Rights Reserved.